足関節捻挫

発生率No.1のケガ

バスケ、サッカー、ラグビー、アメフト…様々なスポーツで発生率がダントツに多いケガが足関節捻挫です。一般的に「足首の捻挫でしょ。大丈夫。」と軽視されがちなケガですが、損傷する靭帯の場所によっては予後不良の場合もありますし、骨折が隠れている場合もあります。
また、成長期の場合には骨に骨端線という成長軟骨があり、受傷時に一緒に損傷してしまった場合は長くて5週間の固定が必要になる場合がございます。

当院では厚紙を使った固定を取り、通院たびに症状に合わせて物理療法を選択してかけていきます。

厚紙での固定の様子

捻挫などの急性外相は応急処置がとても大切で、応急処置をしっかりと行わないとスポーツへの復帰が遅くなってしまう場合もございます。まずはしっかりと可能であれば固定を行うようにして下さい。

当院では、リハビリ用のトレーニンググッズを多数ご用意しておりますので、スポーツ復帰までしっかりサポート致します。お怪我をされた際にはお気軽にご相談下さい!